共栄木材

menu

クロ塗装

クロ塗装とは

クロに水性アクリル樹脂系のクリア塗料を塗布し、表面の炭の凝固を促します。 手にも着き難く、焼杉自体の風合いは変わりません。

※炭は非常に柔らかく、もろいので、衝撃や摩擦によって剥がれ落ち易い性質があります。釘打ちの際強く打ち付けすぎますと、炭が破損するのでお気を付けください。

長さ働き巾厚み入数/束品等
3.0m165mm15mm8枚(3.96㎡)節有
4.0m165mm15mm 7枚(4.62㎡)節有

※乾燥による伸縮で厚みは約11mmになります。
※無垢材のため多少の巾違い、反り、割れが起こりますので、予めご了承下さい。
※現場にて日陰干し後の御使用をお願いします。施工後の巾の縮みが起こり得ます。
※焼杉は受注生産となります。納期は通常受注後2~3週間ですが、数量・受注状況によっては45日程度かかる場合もございます。詳しくは、お問い合わせください。

クロ塗装施工写真

施工写真一覧

経年変化について

クロ塗装の経年変化は、基本的にクロと同じです。表面の炭を凝固させているので、多少の風化の遅れが期待出来ると思いますが、大きな差は無いと思います。
柔らかい表面の炭が徐々に風化して浸食し、杉板の生地が出て来ます。その風化の具合は、条件によって大きく変わります。例えば、軒が深く風雨にさらされ難い条件であれば、25年経過してもしっかりと炭が残っていますが、逆に厳しい条件ですと、5年も経過すれば、徐々に炭が風化して行きます。
また、初期の経年変化としては、施工時に釘を打つ際、金槌で表面の炭を壊してしまった部分や、外傷により炭が落ちた部分、深く焼けない節の部分などは、雨や紫外線により、早ければ半年ほどで生地がシルバーグレイに変色する場合があります。

※写真はクロの経年変化です

経年変化写真一覧(クロ)

メンテナンス

クロ塗装は、表面の炭が風化して落ちるまでに長い時間が掛かりますので、基本的にメンテナンスは不要です。築後30年以上経過してもまだ、腐る事無く使われ続けている焼杉の殆どは、素焼きのものです。ただ、先にも述べた様に、部位によって風化の具合に差がでますので、経年変化の特徴をご理解して頂いた上でご使用ください。

クロ塗装は塗装の効果が無くなれば、指定の水性アクリル樹脂系の塗料での再塗装が可能です。ただこれは、着色を目的とした物では無く、表面の炭を凝固させる物です。

クロ塗装記事一覧

※写真は撮り方により実際の色と異なって見える場合がございます。
 カットサンプルもご用意できますので、実際の色味はカットサンプルをご確認ください。

焼杉TOPへ

TOP