共栄木材

menu

ラジアータパイン・バルカン

ラジアータパイン・バルカンは、製材した後に240℃の高温で乾燥させ、それを重ねて集成材にしたものです。
木材に含まれるたんぱく質の多くを揮発させているので、基本的に反り・割れ・膨張収縮が少なくなり、形状が安定します。
これを再製材していろいろな形に加工できます。

ラジアータパイン・バルカン施工写真

ラジアータパイン・バルカン 板塀

ラジアータパイン・バルカン ルーバー

施工写真一覧

ラジアータパイン・バルカン 記事一覧

つくるシリーズ(特注品)TOPへ

TOP